山口病院

精神科・内科認知症治療・デイケア・人間ドック・一般健康診断を行えます。



院長

山口聖子
昭和25年に山口産婦人科を創業。



診察内容

保険診療以外の治療法やサポートなど。

保険外診療

人間ドック、33,000円〜



対応病気・症状

精神科対応症状



保険以外の制度(助成金など)

認知症外来、デイケア、ショートケア、精神科訪問看護




アクセス

住所

〒350-1122 川越市脇田町16-132



電話番号

049-222-0371



公式サイト

http://www.yamaguchi-hospital.jp/



料金

健康保険証、自立支援医療受給者証など。紹介状(診療情報提供書等)
病院受付へ来院又は電話連絡にて予約お申し込みください。初診日には、これまでの経過が説明できる方と必ずご一緒にご来院願います。



口コミ・評判

平均評価【2.4】
投稿数【18】
感想・

Googleマップの投稿より

以前、通院してました。当時は混雑して診察まで長時間待ちました。
医師は患者の話はロクに聞かず、薬の量がどんどん増えていきました。診察室では「どうせあなた薬飲まないでしょ」と言われ(処方通り飲んでおりました)、泣きながら診察室を出て待合室で泣いていたら数分後、その医師がやってきて、態度がガラッと変わり「一緒に治して行きましょう!」と、周りの顔色を伺うような発言等。
二度と行きません。

昔に比べたら受付の対応も精神科の医師たちも良い方に変わりましたよ。最初の頃は、ガチで薬、シンナーやってる患者がいましたから。
それでも不満のある患者様は多いと思います。
内科の医師はまずだめでしょう。(内科は期待せずに。)
精神科の奥平先生はかなり混むので要注意。診察日も少ない医師です。立壁先生は一番穏やかで声をかけてくれる医師です。患者の数もすごいですが、いつも時間かけて話を聞いてくれますし、薬の調整もしてくれます。一番良い医師だと思います。唯一、駄目な内科の医師に怒鳴ることが出来るのも立壁先生くらいですよ。
「発熱して急遽内科にかかり、精神科の立壁先生は自分の診察を一回ストップして内科の医師に、発熱してまで来てるんだから、ちゃんとみてあげなよ!!」と内科の医師に一喝してくれました。
あと山口病院の入院は、簡単には退院できません。
待たされるのが嫌な方は、診察が始まった頃の遅めに診察行くことをおすすめします。
いくら受付の対応が悪くても、強気でいてください。

埼玉県川越市の山口病院。精神の診断書の作成依頼して1カ月以上たつので、電話で催促したら男性職員が出て「まだ出来てません!」あやまりもせず嫌々な受け答えをしてきました。医師に「早く作成して下さい」と伝えて下さいと丁重にいったにも関わらず何も言わずに切られました。どういう職員教育をしているのか理解に苦しみます山口病院の理事長さん。中年のおばさん職員に診断書を渡したのですが「忙しからいつできるか分からないよ!」といわれ唖然としました。その後1カ月前に渡したと主張したら貰っていないとすっとぼけられてしまいました。ちなみに初診の埼玉医大は直に作成され貰いました。後はここのダメ病院の診断書だけなのです。
週4日来ているのに作成せず、看護婦と無駄話をしている大賀健太郎医師、診療だけでなく文書作成という医師の仕事を果たしていません。このまま作成しようとしないなら、弁護士か社労士に訴えようかと思います。医師も職員も低レベルです。建物は立派でもカルテも電子化しておらず古い体制で診療を行っています。トラブルにならないよう文書作成依頼の控えとか作ればいいのに大雑把な口約束で診断書を受け取っています。水曜日の医師は、はずれです。