出勤再開うつ

そもそも仕事ができな人は、会社に出社するのが仕事であることが多いんですね。

 

うつ病

 

これは今までであれば、ある意味常識です。
特に営業活動のように、人と会うことが成果に繋がりやすかった時代ですね。

 

ところが今はデジタルで、成果がハッキリしてしまいます。
そうなると成果を短時間で出せる人は、ジャマも入らず自己管理で仕事が達成できてしまいます。

 

こうなると満員電車での通勤が無駄であることが証明された今、出社するのがばからしくなるのも当然です。

 

これはうつ病というよりも、大きな覚醒に近い状況です。

 

でもコロナの影響で急激に環境がかわっても、対応できない人も多いはずです。
そういう人もいるので、勤務状況が戻ってしまうこともあるでしょう。

 

その場合も、組織で仕事をするというのは効率化だけではないと考えてみてはどうでしょう。
半年くらいはついていけない人をするためにサポートをする。
そういう意識も必要かもしれませんね。